バコロド(Bacolod)とは

バコロドはフィリピンの中で最も治安が良いとも言われており、フィリピン人が住みたい街としてランキング1位を獲得したこともあるとても魅力的な街です。

様々な魅力をお伝えしますので、お見逃しのないようにしてくださいね!

バコロドの魅力

バコロド(Bacolod)は、ネグロス島にある市の一つで、セブ島の隣にある島の街です。微笑みの街とも称されるため、人々の笑顔にたくさん触れ合うこともできます。国内線を乗り継ぎ空港を出ると、さとうきび畑が一面に広がっていて、すぐに自然の豊かさを確認できます。また、マニラやセブにはない落ち着いた雰囲気や、ゆったりとした環境を感じることができるでしょう。そこで、この魅力を一人でも多くの人に伝えたいと思い、このサイトの制作が始まりました。

チキンが美味しい

バコロドは個人経営の焼き鳥屋さんがとても多いです。お店によって味が違ったり、パリパリだったり、色々な焼き鳥が楽しめるのはバコロドの魅力の一つです。焼き鳥と言っても、日本人が想像する焼き鳥ではなく、「チキンイナサル」といった食べ方が主流です。筆者も何年もフィリピンに滞在していますが、週に何度も食べたくなるほどやみつきになる味ですよ!バコロドに行ったらいくつもチキンイナサルのお店があるので、ぜひトライして見てください!

余談ですが、フィリピンのソウルフードといえば「ジョリビー」です。

ジョリビー(Jollibee)とは、フィリピンのファーストフードチェーン店。2006年3月現在、フィリピンに1287店舗、フィリピン以外の諸外国に161店舗を構える。蜜蜂を模したマスコットが特徴。

ジョリビー・フード・コーポレーションは、ジョリビーのほか、ピザ系チェーンのGreenwich、中華料理系チェーンのChowking、ケーキ専門店チェーンのRed Ribbon、焼き鳥チェーンのMang Inasal、フィリピンでのDelifranceフランチャイズを運営しており、ジョリビーとそれらの店舗が併設されていることも多い。

出典:Wikipedia

あの世界のマクドナルドが勝てなかった理由が、圧倒的コストパフォーマンス力にあります。

安い!美味い!早い!

このジョリビーを経営する会社。実はピザ屋・焼き鳥屋・ケーキ屋などとフィリピン人なら誰もが知っているファストフードを丸々手中に収めている超ビッグな会社なのです。その会社が提携している「Mang Inasal(マン・イナサル」では、約ライス3つ分のお金を払うとライスおかわり自由な「Unlimited rice」というメニューが存在します。フィリピンの家族がマン・イナサルに来るとほぼ100%アンリミテッドライスを注文しているため、店員が走り回ってご飯をよそっている様子を見ることが出来ますよ!

 

とても治安の良い街

ぶっちゃけトークですが、フィリピンの治安はそれほど良くないです。特にマニラやセブでは当たり前のようにボッタクリやスリが横行しているのが現実です。「相乗りバスを利用して、降りる頃に財布が無いことに気づいた」なんてことは日常茶飯事です。

ですが、バコロドではそのような話はほとんど聞きません。相乗りバスに乗って法外な値段を要求する運転手は100%いないでしょうし、タクシー運転手は親切でお釣りもしっかり返してくれる人が基本です。(お釣りは要らないよと言うと、とても喜んでくれるのでコッチも嬉しい気持ちになりますよ)残念ながら相乗りバスに乗っていて財布が無くなったという話は1年に数回聞きます。ですので最低限の用心はしましょう。

実際の治安はどうなの?と思う人も多いかと思うので簡単な例を挙げると

  • 夜でも割と安心して歩ける
  • 真っ暗な場所が限定的
  • バコロドではカバンを前に抱えて歩く人が少ない。

バコロドは夜でも中心街は明るい場所が多く、タクシーやジプニー、人の通りも非常に多いです。また、夜中に出歩いている人もカップルや家族が多く、住んでいる住民達も安心して愛を育んでいるといった様子が日常的に見られます。

また、盗難防止のためにカバンを前に抱えて歩く人が多い、マニラやセブとは違い、バコロドではそのほとんどの住民が普通にカバンを背負って歩いています。これは街の治安の良さがひと目で分かるポイントと言っても良いのではないでしょうか。

バコロドは割と都市開発が進んでいますが、一部スラム街もあるのが現実です。ですのでそういった場所は夜は非常に真っ暗で立ち入らないようにすることが我々にできる最大の防御です。

日中でも簡単にその道が安全かどうかを見極める方法があります。それは「路駐している車があるかないか」ということです。路駐できるということは、人目が多く、また明るい場所であることが多いです。今時分が歩いている場所がちょっと不安な人は参考にしてみてくださいね。

フレンドリーな町の人々

街の人々はとてもフレンドリーです。街中で困っている様子をすればすぐに声を掛けられますし、店員やガードマンに声をかけると真摯に答えてくれる人が大多数です。また、子どもたちはとても明るく、言葉が通じなくても興味津々な顔を見ることが出来ます。Barに行くとその様子は顕著で、外国人というだけで人が集まり、話が盛り上がることもよくあります。(お酒をいっぱい奢るだけですぐに友達になれますよ!)

学校授業の一環で快くインタビューを受けてくれる人達の様子

また、筆者はボランティア活動をよく行うのですが、孤児院をサポートしている人たちや、そこにお世話になっている人も皆フレンドリーで心を浄化されるようなそんな体験も出来るのがバコロドの魅力の一つでしょう。

 

お洒落な飲食が多い

バコロドは感性豊かな人が多く、地区一体がペイントで埋め尽くされているBarや、独特な建築をした建物が数多くあります。

スペイン統治時代の名残

The Ruins

バコロドはイロンゴ語で石の岡を意味する「バコロド bakolod」から来ているほど、当時スペイン統治時代の歴史が見ることができ、当時建設された石造りが未だに残っています。バコロドの観光地として有名な「The Ruins」を筆頭にスペイン建築がまだ残っている街でもあります。また、そこに住むフィリピン人も、スペイン系の血が混ざった家庭が多々見られるのもこの街の特徴です。

都会と田舎

バコロドは程よく都会で、程よく田舎です。街の中心街では必要なものはすべて揃いますし、施設やレストランなど豊富です。ちょっと遠出をすれば森が広がっていたり、きれいなリゾートへすぐに到着することが出来ます。

バコロド1巨大なモール

温泉 マンブカル

バコロドは自然がとても豊富なので気を休めたい方にもオススメですし、カフェやレストランもとても充実しているのでオフィスワーカーにもオススメです!いいとこ取りが出来る超オススメな街ですよ。

程よい観光客人口

バコロドはそこまでメジャーではありません。マニラ・セブに比べると非常に観光客は少ないほうでしょう。バコロドに住んでいた体感ですが、観光客のほとんどが韓国人です。それでも大きなモールやレストランに行くと日本人もちらほら見つけることができます。生活するには英語を使うことが必須な環境なのでマニラセブよりはハードルが高いですが、語学留学する場所としてはマニラセブよりも良いと言えます。

イベントが豊富

マスカラフェスティバル(MassKara Festival)

ペイントフェスティバル(Paint Festival)

旧正月祭り(Chinese New Years Festival)

パナードフェスティバル(Panaad Festival)

その他にもクリスマスを代表とする一大イベントには街をあげてその祭りをするという活気あふれた街になっていますので、留学する時期とイベント情報を照らし合わせて見てくださいね!

バコロドの場所

バコロドはセブ島の隣のネグロス島という場所にあります。ネグロス島の中では最大の都市であり、国内線の便も豊富なことが特徴です。バコロドを少し遠出すると有名なボラカイリゾートや、秘境も楽しめるため、旅行の拠点とも言えるそんな場所です。